iPhoneのSafariとアプリ内ブラウザの性能は違う

各種アプリに組み込まれているブラウザ機能(UIWebView)は、
Safariに比べると性能が劣っていることを知っていましたか?

AndroidのブラウザとiPhoneのブラウザの性能調査結果を受けて、
Appleの広報担当者がコメントしています。

iPhone上の『Safari』を実際にテストしているわけではない。プロプライエタリな独自アプリをテストしただけであり、そこで用いられている埋め込みウェブビューアは、Safariにあるウェブ性能の最適化を活用していない。
http://japan.cnet.com/news/service/35000668/

要するに調査方法がAndroidブラウザと
アプリに組み込まれたブラウザ機能(UIWebView)とを比較しており、
それではSafariと全く同じ性能は出ないので無効な調査だと言っています。

記事にあるようにJavaScriptを効果的に処理する「Nitro」エンジンが使用されてない場合、
Safari以外の他社ブラウザアプリでJavaScriptがよく使われているサイトをみる場合などに
表示速度に変化が出てくる可能性がありますね。

個人的には全くわからないですが。

広告

iPhoneのSafariとアプリ内ブラウザの性能は違う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Safariとアプリ内ブラウザの性能比較 « mobaser

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中