Yahoo!リアルタイム検索の仕様や目指す姿とは

Yahoo!リアルタイム検索の仕様や目指す姿を説明している記事が出ています。

ヤフーの「リアルタイム検索」改良へ、“Google難民”のニーズも考慮 – INTERNET Watch

まずは現在の仕様について
・6/14以降のTweetが対象
・日本語のTweetが対象(言語設定が日本語)これは全Tweet中で約17%にあたる
・検索できるのは最新の24時間分

今後はロンドンオリンピックまでに過去1ヶ月分まで検索可能にしたいとのこと。

Yahoo!リアルタイム検索が目指す姿は下記に引用したコメントがわかりやすいです。

Googleがやる場合は(過去ツイートのアーカイブ検索まで行えるなど)スペック的にハイエンドにしないと、対象セグメントであるギーク層やアーリーアダプター層に使ってもらえない。一方、ヤフーがやる場合は、Twitterの中で今、何がはやっているのかを、Twitterを使ったことがない人も含め、一般の人にわかりやすく提示するのがミッションだと考えている。ヤフーのリアルタイム検索は、Googleと全く意味合いが違う。世の中の今の姿を、検索結果を1ページ見るだけで把握できるようにしたい。

以上の内容から、
今現在の最新の情報を調べるときはYahoo!リアルタイム検索
過去のTweetなどを調べたい場合はTOPSYなどを利用するのが
現在は最適な利用方法かと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中