Googleにスマートフォンサイトを認識させる最適な方法

GoogleがPCとスマートフォン向けの両方を持つサイトについて、
スマートフォン向けサイトをGoogleに適切に認識させる方法を発表しました。

Building Smartphone-Optimized Websites
https://developers.google.com/webmasters/smartphone-sites/details

対応方法の概要

  1. Responsive web design
    PC,スマートフォンに対して同じURL、同じHTMLを返す方法。
    各デバイスの画面表示はCSSメディアクエリによって変化。
    これがGoogleがもっとも推奨する方法。
  2. Dynamically serve
    PC,スマートフォンに対して同じURLだが、
    デバイスによって違うHTMLを返す方法。
    効率よくスマートフォンサイトが発見できるようにHTTPヘッダーを設定する。
  3. PC,スマートフォンの個別運用
    違うURLで個別に運用する方法。
    PCサイトに rel=”alternate”、スマートフォンサイトに rel=”canonical”を設定して
    2つのサイトの関係性を通知する。

Googleが Responsive web design をもっとも推奨する理由は以下のようになります。

  • 1つのURLでコンテンツを管理することにより、
    ユーザーがURLを共有することやコンテンツへのリンクなどが
    簡単に出来るようになります。
    また、Googleのアルゴリズムがそれぞれのコンテンツに
    インデックスプロパティを割り当てる助けにもなります。
  • リダイレクトが不要になりロード時間も軽減されます
    また、ユーザエージェントベースのリダイレクトはエラーが発生しやすくなり、
    サイトのユーザーエクスペリエンスを低下させる可能性があります。
  • サイト自体のリソースとGoogleクローラの両方のリソースを節約できます。
    Responsive web designのページでは
    異なるユーザーエージェントで複数回クロールする必要がなくなります。

どれも検索エンジン側から見れば妥当な理由ですね。

サイトオーナーから見た場合は、
Responsive web designはGoogleが推奨する方法の1つなので、
個々のサイトの内容やビジネス上の要件によって、
dynamically serveやURLの個別運用を選択すればよいかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中