Twitter検索のクエリ傾向

Twitterが検索について興味深いデータを公開しました。

Studying rapidly evolving user interests – Twitter Engineering Blog
http://engineering.twitter.com/2012/06/studying-rapidly-evolving-user.html

ツイートやリアルタイム検索のクエリに含まれる単語を調べると、
ある1時間または1日に最も頻繁に登場した単語は、
次の1時間または1日の内容とは大きく異なる傾向にあることがわかった。
この傾向はウェブ上の他のコンテンツと比べてかなり強い。

  • 2011年10月の全ての検索クエリを調べたところ、平均して、ある1時間に上位1000位に入った検索語の約17%が、次の1時間にはもはや1000位以内には存在しないということが分かった。
  • 時間単位ではなく1日単位で調べた場合、ある1日に上位1000位に入った検索語の約13%が、次の日には1000位以内には存在しないということが分かった。
  • 大きなイベントの間には検索クエリが急上昇する回数(クエリスパイク)が増加する。例えば、2011年10月5日にSteve Jobsが死去したニュースが出た際には、「steve jobs」という検索クエリがごくわずかな検索数から検索クエリ全体の15%へと急上昇した。これは検索されたクエリの6件に1件の割合だった。また、「apple」や「stay foolish」という関連クエリも急上昇している。

graph-apple-queries

また、ニューヨーク、イスタンブール、東京、サンパウロの4都市での1年および1日のTwitterの利用状況を調査したところ、東京のユーザーは主に夜にTwitterを利用する傾向があることが分かった。

sleeping_grid-miguel

Twitterのリアルタイム性が顕著に出ているデータで面白いですね。
ただ、東京では夜に利用が多いというは他のサービスでも同じような傾向なので、東京というか日本のネットユーザーの傾向だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中