iPhoneアプリのアイトラッキング調査結果

Google Places のiPhoneアプリのアイトラッキング調査結果を紹介します。

Study: Reviews & Images Drive Clicks In Mobile – Search Engine Land

調査概要はこちら。
・Google Places のiPhoneアプリ
・21歳から45歳までのカナダ在住の12名
・カナダの様々な都市でタトゥーのお店を探す

結果がこちらです。

視線が左上から始まり右に移動。
そして下に移動して同様に右に移動という点はPCとも同じですが、
画像とレビューに長い時間を費やしています。
こういった点がPCとは違うとのことです。

やはりiPhoneのような小さな画面では一度に表示できる情報も少ないため
画像やレビューなどのわかりやすい情報に大きな注目がいくようです。

IS01にAndroid4.0.3(ICS)

auのIS01にAndroid4.0.3(ICS)を導入した強者が出てきました。

普通に使うのには問題があるとは思いますが、
Galaxy S でさえICSを動作するにはRAMが足りないということでアップデートを見送られていたのにIS01に導入出来ているのはすごいですね。
こういったことが出来るのもAndroidの魅力かと思います。

書籍: In The Plex グーグル ネット覇者の真実

評判の良い「グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ」を読みました。

創業から検索エンジンでトップになり、Gmail、Android、ブックサーチ、中国問題、そしてGoogle+開発までを、Google内部から丁寧に描いたドキュメントでした。

その中でも気になったのが創業者2人に共通するモンテッソーリ教育です。

モンテッソーリ教育とは、イタリアの医師マリア・モンテッソーリの教育哲学に基づくもので、子供には自分が興味をもったことを追求する自由を与えるべきだという考え方です。

Googleのマリッサ・メイヤーいわく、

ラリーとサーゲイが2人とも幼少時代にモンテッソーリ教育を受けたことを知らなくてはグーグルを理解することはできない。
彼らは自分で考えた質問への答えを求め、自分で決めたように行動する。
彼らは権威を軽視することを学び、何かをするときに偉い人に言われたからではなく、道理にかなっているからそうする習慣を身につけたのです。
モンテッソーリ教育を実施する学校では、子供が絵を描くのは先生に言われたときではなく、何か表現したいことがあるとき、あるいはたまたまそういう気分になったときだけでいい。
これはラリーとサーゲイの問題解決へのアプローチとして深く刻まれている。
彼らはいつも『どうしてそうじゃなきゃいけないんだ?』と尋ねる。
早い時期から彼らの脳にプログラミングされた行動パターンなんです。

と説明しています。

初めて聞いた話でしたが、これで何となくグーグルの企業文化が理解出来たような気になりました。
また、モンテッソーリ教育を受けた著名人では、Amazonのジェフ・ベゾス、Wikipediaのジミー・ウェールズピーター・ドラッカーなどがいるようです。

既存の権威や常識にはとらわれずに、新しい価値を作り出していく人たちの考えた方が垣間見えたような気がしました。

今ならプロローグのみPDFで無料ダウンロード中とのことなので、興味を持った方は是非ダウンロードして読んで見て下さい。
グーグル ネット覇者の真実:プロローグをダウンロード

[TIPS] bit.lyのクリック数は誰でも見れます

あまり知られていないようですが、短縮URLのbit.lyのクリック数は誰でも見ることが出来ます。
どうやって見るかというと短縮URLの最後に”+”を付けるだけです。

例えばこのTweetを例にすると、

短縮URLはこれ。

http://bit.ly/w3yb28

URLの最後に”+”を追加。

http://bit.ly/w3yb28+

すると下記のような分析画面が表示されます。

非常に便利な機能ですが、逆にクリック数を知られたくない場合はbit.lyの使用は控えた方が良いかと思います。

ドコモ dメニューにてリアルタイム検索を開始

11/18よりdメニューが開始されましたが、
そのdメニューにある検索サービスの一つとしてリアルタイム検索も開始されていました。
(Android端末からだけでなく、iPhoneやPCからもアクセス可能です)
http://realtime.search.smt.docomo.ne.jp/

ドコモとtwitterは戦略的提携を締結しているため、
このデータはFirehoseを利用したリアルタイム検索サービスと考えられます。
【参考記事】ドコモ、Twitterと連携したサービスを拡充へ – ケータイWatch

リアルタイム検索のトップページには、
・話題の画像
・話題の有名人
・話題のニュース記事
・HOTキーワード
・話題のハッシュタグ
という、リアルタイム検索に関連したコンテンツが並んでいます。

また、リアルタイム検索結果画面の特徴としては、Yahoo!リアルタイム検索と同様に、
検索結果画面からリツイート、お気に入り、返信が可能となっています。

Twitterの全てのデータが使えるFirehoseを使ったリアルタイム検索サービスは少ないので
ドコモが開始したことは利用の選択肢が増えて非常に喜ばしいものだと思います。

ドコモ dメニューの検索エンジンはGoogle

ドコモのdメニューが本日11/18より開始されました。

 

 

 

 

 

 

検索窓が設置されているので確認したところ、
ウェブ検索はgooではなくGoogleが提供しているようです。

また、Android端末だけでなくiPhoneやPCからもアクセス可能となっています。

dメニュー
http://smt.docomo.ne.jp/

HTC Android4.0へのアップデート予定を発表

HTCがAndroid4.0 (Ice Cream Sandwich) にアップデートされる予定の端末をfacebook上で発表しました。

発表された端末は以下のようになります。
HTC Sensation, HTC Sensation XL, HTC Sensation XE, HTC Rezound, HTC EVO 3D,
HTC EVO Design 4G, HTC Amaze 4G

提供予定日は2012年始めを予定しているようです。
またこの発表は第1弾ということでハイエンド端末が対象となっているようですので
今後他の端末の発表があることも十分に考えられます。

Announcing the first wave of HTC devices to receive upgrades to Ice Cream Sandwich in early 2012!

HTC knows how excited our fans are to get their hands on Google’s latest version of Android, Ice Cream Sandwich, so we’re thrilled today to announce the first wave of HTC phones that will receive upgrades: We can confirm the brand new HTC Vivid, on sale beginning today, is upgradeable to Ice Cream Sandwich. In addition, Ice Cream Sandwich is coming in early 2012 to a variety of devices including the HTC Sensation, HTC Sensation XL and HTC Sensation XE, as well as the HTC Rezound, HTC EVO 3D, HTC EVO Design 4G and HTC Amaze 4G through close integration with our carrier partners. We’re continuing to assess our product portfolio, so stay tuned for more updates on device upgrades, timing and other details about HTC and Ice Cream Sandwich.

Google 新しいモバイル広告フォーマットを発表

Googleが新しいモバイル広告フォーマットを発表していますので
以前からあるフォーマットと一緒に紹介します。

Search ads in mobile apps
自分で開発したアプリにGoogleの検索広告を入れることが可能になりました。

Click to Download
検索広告にアプリのダウンロードリンクを設定することができ、
またアプリのアイコンを表示することも可能となっています。

Mobile App Extensions(beta)
この広告ではアプリの特定ページへの誘導が可能となります。
例えば商品検索アプリの特定の商品詳細ページなどへのダイレクトな誘導が可能です。
詳しくは下記の動画を見るとわかりやすいです。

Click to Call
こちらは以前からある広告ですが、電話番号を表示して直接電話が出来る広告となります。

Hyperlocal search ads
こちらも以前からある広告ですが、地図を表示できる広告となります。

Proximity as a factor in mobile search ads ranking
ユーザーの現在位置と広告主の居住地の距離の近接度が
モバイル広告のランキングを決める要素の一つとなりました。
これによりユーザーはより関連性の高い情報(広告)を得ることが可能となり、
また広告主は低予算でも多くのトラフィックを得ることが可能となります。
ただし、この機能は広告主がLocation Extensionsを利用することと、
利用者がGoogleへの現在位置情報共有を許可することの条件を満たした場合に有効となります。

Circulars
Circularsはチラシのような全面広告のサービスとなっています。
これはモバイルのみではなくPCでも同様にサービスをしています。

【ソース】
Mo-mentum: what’s new with mobile search advertising – Google Mobile Ads Blog