Chrome for Android, iPhone のデフォルト検索エンジン変更方法

Chrome for Android, Chrome for iPhone のデフォルト検索は当然Googleですが、これをYahoo!などに変更することが可能です。

変更方法は、

  1. 設定画面を表示
  2. 検索エンジンの項目を選択
  3. Google, Yahoo!, Bing, goo の4つから選択

となります。

【Chrome for Android】

【Chrome for iPhone】

Chromeは使いたいけど検索はGoogle以外を使いたいという方は是非お試し下さい。

広告

[TIPS] Chromeでスマホの画面解像度で表示する方法

GoogleChromeのUserAgent設定欄に画面解像度設定(Override device metrics)が追加されていました。
これでスマートフォンのUserAgentに変更した際に、画面サイズを自分で変えなくてもスマートフォンのような縦長の画面で確認することが出来るようになりました。
また、ボタン一つで縦横の数値を入れ替え出来ますので、スマートフォンを横にした時のランドスケープモードもすぐに確認できます。
ますます便利になりましたね。

[TIPS] Chromeでスマホのタッチイベントもエミュレート

いつのまにかGoogleChromeのUserAgent設定に「Emulate touch events」が追加されてました。
これを設定するとiPhoneなどのスマートフォンのタッチイベントをエミュレートしてくれるので、フリック操作をマウスで再現することも可能になります。
スマートフォンサイトを確認するのが更に便利になりましたね。

Google Instant Pages の確認方法

Google Chrome の最新安定版にて、Instant Pages がデフォルト機能として搭載されました。

Google Chrome 最新バージョンで、見たいページを瞬時に表示。- Google Japan Blog

実際に使ってみると早くなったと感じられますが
本当にInstant Pagesで早くなったの?と疑問に思われる方もいるかと思います。

その場合は以下の方法で確認が可能です。

1. 右上のレンチアイコンでメニューを表示。
2. 「バックグランドページの表示」でタスクマネージャーを起動。

3. Googleで何かを検索。例えば「Amazon」とか。

するとInstant Pagesで事前にページをキャッシュしている時は、
タスクマネージャーに「事前レンダリング<ページ名>」といったタスクが表示されます。

どのクエリで検索しても事前レンダリングのタスクが表示されない場合は
設定がOFFになっている場合が考えられますので、
設定>基本設定>検索の「インスタント検索を有効にして検索や閲覧を高速化する」に
チェックが入っていることを確認してみて下さい。

このInstant Pagesは非常に便利な機能だと思いますので
ぜひモバイルでも実現して欲しいものです。